平成29年第3回市議会定例会「決算議会」がスタート!!

平成29年第3回市議会定例会「決算議会」がスタート!!

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
本日から川崎市議会第3回定例会がスタート致しました。第3回定例会の会期は9月1日から10月6日までとされており、決算審査特別委員会を含む為、決算議会とも言われています。決算議会では、昨年度、平成28年度の歳入と歳出の決算認定などの議案が提出され審議されます。
 
要するに昨年度の行政のお金の使い方をチェックする議会だという事です。
 
議案説明が主の本日、冒頭の市長による施政方針をざざっと項目だけ書き出すと以下のとおりです。
 
 ・日本を取り巻く経済状況
 ・北朝鮮による弾道ミサイル
 ・度重なる豪雨災害
 ・150万人都市記念事業、多摩川花火大会
 ・新総合計画(基本政策1)
 ・地域包括ケアシステム
 ・住宅ストック維持向上促進事業
 ・新総合計画(基本政策2)
 ・子ども若者実態調査
 ・学校教育
 ・中学校給食、小学校給食の質向上
 ・教職員勤務実態の把握
 ・新総合計画(基本政策3)自然あふれる多摩川施策
 ・新総合計画(基本政策4)都市農業、農業経営
 ・武蔵小杉コンベンションホール
 ・臨海部における取組
 ・東扇島堀込部、建設発生土の活用
 ・市内踏切対策
 ・スポーツ文化促進(カルッツ川崎)
 ・かわさきパラムーブメントの推進
 ・ザルツブルク等、姉妹都市交流
 ・新総合計画(基本政策5)
 ・区民会議の休止、区民車座集会
 ・新総合計画第1期実施計画中間評価、第2期実施計画基本的な考え方
 ・働き方仕事の進め方改革の効果、残業時間の削減、ICTの活用
 ・決算概要
 
川崎市においては、10月に市長選挙を控えています。決算審査は勿論、新総合計画に関する評価も重要な観点です。
本日以降、議案研究日が続き、各会派の代表質問は9月11日からです。是非ご注目頂ければ幸いです。
 
さて、話は変わり今日は川崎市議会議員について少しご紹介ができればと思っています。
 
皆さんはこの川崎市に現在何名の市議会議員がいるか御存知でしょうか。自分の住んでいる区にいる議員は何名御存知でしょうか。
 
懐かしい資料ですが、前回の2015年統一地方選挙を経た際の議員一覧を見つけましたので添付します。
 

意外と知らない!?普通は知らない!?2015年改選当時の川崎市議会議員60名(現在は59名)

 
私の議席番号は9番!!自民党最年少議員であります!(”◇”)ゞ
 
改選当初の議員平均年齢は51歳。各会派の構成としては、次のとおりです。
 
 ・自民党 : 19名(現在は18名)
 ・公明党 : 13名
 ・共産党 : 11名
 ・民主みらい : 11名
 ・無所属 : 6名
    計 : 60名(現在は59名)
 
こんな構成になっています。市議会議員といっても選出は各区から。私が選出していただいている宮前区からは9名の議員が、市議会議員として活動しています。どんな議員がいるのか知りたい方は、以下からご覧ください。
それぞれの議員が必ずと言ってよい程、ホームページを持っています。選挙前は、若い人程よく分析されて投票していた気がします。
 
こういった自分たちが住んでいる街の基本情報、そして自分も含めて市民の代表である議員を知るという事も、有権者にとって大切な作業なんだと思います。議員側の広報等だけでなく。
 
本日も最後まで読んでいただき、有難うございました。