【タウンニュース】市政報告Vol.33を掲載!!〜保護司の活動支援、特別支援学校就学の課題について〜

Print Friendly, PDF & Email

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。

 

1月8日(金)タウンニュースにおいて市政報告Vol.33を掲載させて頂きました。
11月24日〜12月17日の期間で、行われた市議会第6回定例会の報告となります。
一般質問で取り上げた以下3項目のうち、2テーマについて内容をまとめ掲載させていただきました。

 

①特別支援学校就学に関わる課題について
ー 特別支援学校に関して、近年複数件同じような「進学希望調査」に係る相談が続いています。その内容と浮き彫りとなった課題と対策を取り上げています。
 
②保護司の活動支援について
ー 更生保護行政において非常に重要な役割を担っている保護司。各区で保護司・保護司会の活動拠点、面談拠点の設置が求められています。更生保護サポートセンターの設置状況や、宮前区における検討状況を伺いました。
 
③地域公共交通計画(案)について
ー 従来から取り上げ続けていた「バス停へのベンチ・上屋設置拡充」、中々進まなかった市バス管理以外のバス停などへの方向性が示されてきました。Mobility as a Service(通称:MaaS)の取組についても取り上げています。

 

これまで地域への市政報告については、「1.タウンニュース(年4回程度)、2.矢沢たかおNEWS(年4回程度)、3.市政報告会(年1回)、4.ホームページブログ(頻回)」と多角化してお届けしてきました。インターネットが到来してから、政治に関する情報発信ツールは変わってきました。現在、これまでの情報発信方法を見直して、Youtubeを活用した動画配信についても模索をしています。

 

今までの取組に追加するだけの発送では、パンクしてしまうので、見直しや組織強化なども視野に検討しております。今後もどうぞよろしくお願い致します。
 

※クリックすると、PDFをご覧いただけます。

 
本日も最後まで読んでいただき、有難うございました。

 


ABOUTこの記事をかいた人

宮前区選出、川崎市議会議員(自由民主党) A型/乙女座/丑年 菅生小・中学校→法政二高→法政大学卒業 2008年4月伊藤忠テクノソリューションズ入社 2014年7月に政治活動に専念する為、同企業を退社 2015年第18回統一地方選挙において初当選。現在二期目。 趣味:剣道四段、空手二段、書道(毛筆三段、硬筆二段)

インスタグラム