一質③鷺沼駅周辺再編整備について〜災害対策・向丘出張所・市民館・図書館は?〜

Print Friendly, PDF & Email

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
昨日のブログでも掲載した今回実施した一般質問の中で、本日は「鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能の移転について」における議論の内容を報告していきたいと思います。
 

  • 市内バス停におけるベンチ設置の拡充について
    → 進む高齢化を見据え、特に民間バス事業者路線のバス停におけるベンチ設置の拡充に関する質問(市議会初)
  • 緑地政策における農地の位置付けと取組みについて
    → 都市農業振興基本法施行以来、本市では経済労働局としての議論は活発なれど、他局での議論が乏しい状況。都市緑地法改正を機に、緑地行政の中における農地の位置付けと役割、今後の保全と活用について質問。(市議会初)
  • 鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能の移転について
    → 公共3施設移転の方針を定めた基本方針が2019年3月末に公表。多くのパブコメを受け、様々な観点を追加したが大枠の方向性は堅持。移転を考えていく上にあたって、課題を明確化させ建設的な議論を経て、懸念を抱く区民にも納得してもらう計画に導くことを目的とした質問。
 

鷺沼駅周辺再編整備を巡るこれまでの取組み

 
川崎市のホームページでも様々公表していますが、端的に時系列をまとめると、以下のようになります。
 

  • 平成27(2015)年6月、東急電鉄(株)と包括連携協定を締結
  • 平成29(2017)年8月、民間事業者で構成される「鷺沼駅前地区再開発準備組合」が設立
  • 平成30(2018)年度、さぎぬまプロジェクトと銘打って区民意見の集約に向けた取組みを進め「基本方針」策定
  • 平成31(2019)年度都市計画決定の予定
  • 平成33(2021)年度工事着手予定

 
また、行政が公表しているホームページから特に「さぎぬまプロジェクト」での区民まちづくりフォーラムや、団体との意見交換、ワークショップ、区民アンケートの取組みやその結果などについては、以下ページをご参照下さい。
 

 

以下、実際の質問のやり取り

 

矢沢たかお
 先般基本方針が示され、今後の取組みに向けた検討が庁内検討部会を中心に進められていく中、一方で未だ公共3施設移転に対して懸念を抱く区民も少なくはありません。今後の取組みを進めていく上でも、区民の懸念を丁寧に受け止め、課題を明確にし、その対策の検討を積み重ねていくことが区民の安心感に繋がります。今回は、先ずは災害対策について伺ってまいります。
 
 本基本方針でも留意すべき点として、「地形・地質」については、再開発区域の一部が大規模盛土造成地に該当していることに加え、電車のホーム周辺の法面上部の一部が土砂災害警戒区域に指定されている点が記載されています。区民の懸念を払拭する為にも、これらへの具体的な対策をしっかりと行っていく事が重要と考えますが、見解と取組みをまちづくり局長に伺います。
また、災害時の交通混雑に伴い、災害対策本部が機能不全に陥るのではないかと懸念する声も多く寄せられています。災害時の交通混雑は本基本方針でも課題と位置付けられていますが、陸の孤島とならない為の検討が必要と考えますが、災害発生時に想定される具体的な状況及び、その対策に向けた今後の取組みを総務企画局長に伺います。
 
 
 鷺沼駅周辺再編整備についての御質問でございますが、再開発事業区域内につきましては、区域の一部が大規模盛土造成地に該当し、法面上部の一部が土砂災害警戒区域に指定されておりますが、再開発事業における施設建築物を建築する際には、地質調査の結果に応じた杭基礎構造による頑強な地盤への支持を行うなど、地形・地質に勘案した対策を講じてまいります。
 あわせて、災害時において、区災害対策本部としての十分な機能確保が図られるよう、施設建築物の防災性能についても、準備組合と連携し、適切に対応してまいります。
 
宮前区長
 災害発生時の状況といたしましては、自家用車の道路や駅前広場等への放置・滞留、鉄道の運行停止に伴う帰宅困難者の発生などが想定されることから、基本方針や地域防災計画に基づき、放置車両等の車両移動などの交通対策を行うこととしております。
 具体的な取組といたしましては、警察などの関係機関と連携し、役割分担を図りながら、駅周辺への一般車両の流入抑制など交通規制や交通整理などを講じ、緊急通行車両の円滑な通行の確保及び市民等の安全な避難路を確保することとされており、帰宅困難者一時滞在施設の開設、適切な災害情報の発信など、駅前の混乱防止及び帰宅困難者対策に取り組んでまいります。
 今後、再開発事業や公共機能の移転計画の具体化に合わせて、防災面における検討を深め、警察などの関係機関や関係局や連携しながら、災害に強いまちづくりを推進してまいります。
 
矢沢たかお
 基本方針では、「警察署や消防署と隣接して立地していることは宮前平周辺に優位性がある」と表現していますが、この優位性とはどういった状態における優位性なのか、具体的に伺います。
 また、関連して「鷺沼には区役所、宮前平には消防署・警察署の2拠点体制になる為、被災リスクを分散させることが可能」とありますが、将来に渡って、消防署・警察署が現在地にあるという確認が取れているのでしょうか、総務企画局長に伺います。
 災害時において、機能を分割するわけではないという考え方のもと、適切な役割分担を行い相互補完が可能であれば、消防署・警察署・区役所の位置関係はどこであろうと、災害対応に及ぼす影響は限定的と考えて宜しいでしょうか。総務企画局長に伺います。
 
                  ▶次のページへ
 


インスタグラム