まちづくり委員会議案審査と文書共有システム導入説明会が行われました!!

Print Friendly, PDF & Email

まちづくり委員会議案審査と文書共有システム導入説明会が行われました!!


 
みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
予算審査特別委員会における平成30年度予算議案の審議が昨日終結いたしました。党派を超えて多くの議員が、川崎市の財政課題を様々な角度から指摘をしていました。ただ、予算議案の審査にも関わらず、予算に関する質問というより、個別具体的な陳情のような質問をしている議員(委員)もおり、6月や12月に行われる議会での一般質問で取り上げれば良いのでは?と感じてしまいました。勿論、多くの議員はしっかり予算に関わる質問ではあったのですが・・・。
 
本日は、各常任委員会毎に別れ、議案審査が行われました。当方が所属するまちづくり委員会担当議案の審査が行われたわけですが、提出された議案に対する質疑は、責任を持って代表質問にも取り上げ、調査をさせていただきました。
 
全会派、無所属議員含め、まちづくり委員会関連議案は原案のまま可決いたしました。
 
午後からは、当ブログでもご紹介し続けてきた文書共有プロジェクト(市議会ペーパレス化)の説明会が行われました。ついに導入がきまり、具体的な運用前の各議員向けの説明会です。
 

いよいよ3月から導入していく文書共有システムの説明会

システム自体は、moreNote+iPad pro 12.8inch

 
何とか、頑張ってきたプロジェクトがこうして形になったことは大変嬉しく思います。ただ、説明会では初めてipadを触る方も多数いる状態。。。実運用はかなり心配な状態ではありますが、システム自体の使い勝手は非常に良いので、諸先輩方にもこれはもう時間をかけて慣れていただくしかありません。
 
しばらくは今まで同様、紙資料配布との並行運用での常任委員会となりますが、時期を考慮しながら、タブレット端末のみの運用に切り替えていく予定となっています。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
関連記事は以下から。

【タウンニュース】市政報告Vol.17を掲載しました!!〜政令市初の市議会へのタブレット端末導入〜

2018.02.23
 


インスタグラム