総務委員会副委員長に選出いただきました!!

Print Friendly, PDF & Email

総務委員会副委員長に選出いただきました


みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
本日は委員会が開催されました。
 
川崎市議会には、5つの常任委員会があります。順に、総務委員会、文教委員会、健康福祉委員会、まちづくり委員会、環境委員会の5つです。この順番のまま、議会・行政には認識されているので、今年度、当方が所属する総務委員会は、第1委員会と呼ばれたりしています。
 
議員になってから3年目、常任委員会における初役職が、「総務委員会副委員長」となりました。
 
意外と知られていないのですが、川崎市議会は議会閉会期間中もこの常任委員会が頻繁に開催されています。総務委員会においては、木曜日と金曜日を基本として、毎週開催する予定となっています。こんな地方議会、実はあまりありません。しかも、正副委員長は委員会開催日の前に個別に「正副委員長レク」というものがあり、委員会で提出・報告される事案を議論しなくてなりません。日程を割く量が非常に多くなりますが、委員会審議を円滑に、そして各委員が活発な議論を展開できるように配慮するのが仕事です。委員長をサポートできるよう頑張りたいと思います。
 
 
それにしても、年度末に一気に行政から配られた資料・・・。平成30年度に本市が進める行政計画等であり、どれも大変重要な資料なのですが、正直「こんなに読めませんって!!(汗)」っていうのが私個人の声にならない声です。
 

年度末の数日で配布された資料・・・

 
膨大で多岐にわたる施策や行政計画、、、こういうものを見る度にやはり選挙って大事だと痛感させられます。なぜなら、どの分野に注力する議員なのか、どの分野をよく勉強している議員なのか、期数を重ね多くの知見が備わっていない限り、行政全般に精通することは非常に困難です。
 
知っているのは当たり前かもしれませんが、深掘りして理解できている分野が少しずつ増えるよう、努力を重ねて参りたいと思います。ただ、忘れてはいけないと自分自身が思っているのは、何よりもボトムアップ。地域課題です。地域に密着した細かいと思われるような問題に行政計画の穴があると感じることも沢山あります。
 
これからもご指導よろしくお願いいたします。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 


インスタグラム