本会議②/県治水事務所/自民党政令市議連政策研究会

Print Friendly, PDF & Email

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員の矢沢孝雄です。
 
本日は本会議2日目日程という事で分割先議の議案議決がありました。
本会議自体は午前中で終了。午後からは、地域の相談対応で神奈川県川崎治水事務所に伺いました。
内容としては、今回の議案対象でもある、土砂災害防止法に基づく国・県の取組である「土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン指定)」についてです。
 
これまでのイエローゾーンと異なり、レッドゾーン指定を受けると土地の開発規制が入るため、地権者は非常に敏感です。
当方も地権者の方からさまざまなご相談を頂いています。
 

多摩区にある治水事務所

 
その後は、自民党政令指定都市議員連盟関東ブロック政策研究会に。
テーマは「まちづくりと鉄道」。場所は千葉駅ペリエホールということで、まさに千葉駅ビル開発を中心に、株式会社千葉ステーションビル・常務取締役の塩崎氏にご説明頂きました。川崎市においても駅を中心に開発が盛んな状態です。千葉駅ビル開発では、駅ナカに生鮮食品売り場や医療モールなどを入れた全国的に新しい取組ということで、メリットデメリット含め話を聴かせて頂きました。
 
当方が選出頂いている宮前区においても、鷺沼駅周辺再編整備で駅前街区、北街区、それぞれに大型ビルが建設予定であることが、今回の環境アセスメントで明らかになりました。今日の話も自身に身近な感覚で話を聴かせて頂きました。
 

「まちづくりと鉄道」をテーマに政策勉強会

 
夜は各都市議員連盟の皆様との懇親会が行われ、他都市の状況などについて意見交換をさせて頂きました。
それにしても、錦糸町から総武線快速グリーン車で千葉駅まで行かせて頂きましたが、交通系ICカードで事前精算後、座席上部にかざすシステムになっているのは知っていましたが初めて体験させて頂きました。
 
本日も最後まで読んで頂き有難うございました。
 


インスタグラム