代表質問(二日目)共産党・みらい

Print Friendly, PDF & Email

代表質問(二日目)共産党・みらい


みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
本日は代表質問2日目。「共産党」と「みらい」による代表質問です。
 
「みらい」会派は今回第2回定例会から名称を「民進みらい」から変更して臨まれています。旧民進党の中から国民民主党に行った人、立憲民主党に行った人、無所属(民主党推薦)といった方々がいますが、国政政党のように別々の会派ではなく、「みらい」という名で統一した会派として川崎市議会では活動しています。
 
原発や憲法をはじめ、国政で議論となっている様々なことを川崎市議会で取り上げられることはそうありません。ですが、基本政策が異なる政党同士がいくら地方議会とはいえ、国政に大いに関連する議案や陳情等を扱うことも勿論ありますので、一緒に活動するのには当方としては違和感があるのが正直なところです。
 
口を出すのはこの辺にして、両会派の代表質問終了後はそのまま現在取り組んでいる「川崎市災害協定の見直し」に向けた議論を当局と。
 
 

 
この課題については、以下をご参照ください。

550本を超える川崎市災害協定〜疑問視される実効性〜

2018.06.05
 
議員も働き方改革!!1分1秒を無駄にすることなく、家族との時間を大切に、メリハリをつけた活動を心がけたいと思います。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 


インスタグラム