第22回平瀨川さくら祭りと鮎の放流会〜天気にも恵まれ大盛況でした!!

Print Friendly, PDF & Email

第22回平瀨川さくら祭りと鮎の放流会〜天気にも恵まれ大盛況でした!!〜

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
毎年この時期の宮前区向丘地区の風物詩となっている「平瀬川さくら祭りと鮎の放流会」。今年で第22回となりました。
 
暑いくらいの晴天に恵まれ、半袖シャツにネクタイの上にジャケットを羽織って参加させていただきました。
この平瀬川さくら祭りと鮎放流会を企画・運営しているのが、「平瀬川流域まちづくり協議会」です。長年にわたり、子どもたちの育成に学校・行政・自治会・商店街、地域の諸団体が連携して、ふるさとづくりを継続していることが高く評価され、平成28年に総務署(総務大臣賞)「ふるさとづくり大賞・団体賞」をはじめ、環境省(環境大臣賞)、神奈川県知事賞「かながわ地球環境賞」を受賞しています。
 
昨年の第21回の時のブログですが、国が作成してくれたPR動画も掲載していますので、ぜひご覧ください。

第21回平瀬川さくら祭り!天気も最高で大賑わい!

2017.04.23
 
残念ながら、今年は例年以上にさくらの開花が早く、本日の開催にあたってはすでに新緑という状態ではありましたが、そういった中でも地域の方々がたくさん集まり、大盛況に執行うことができました!!
 
この地域で生まれ育った私にとっては、子どもの時に毎日通学路で見ていた平瀬川も当たり前のようにあるものだと思って過ごしていましたが、外の世界や地域を勉強し見てきた経験のおかげで、地域の素晴らしい環境に気づくことができました。
 
そして、その環境というのは決してあって当たり前のものではなくて、地域の方々が守り繋いでいってくれていることにも気づくことができました。今日参加した子どもたちも、当時の自分と同じくまだわからないことが多いかもしれません。ですが、将来自身が子どもを育てるくらいに成長した時に環境の良さに気づいてもらえるよう、しっかりと守り続けふるさとを形成していかなくてはなりません。そして、子どもの時に平瀬川さくら祭りに参加していた子たちが、将来地域の一員として活躍してくれるような形になれば最高だと思います。
 
 
話はそれますが、大きな地域の課題として承っている陳情案件があり継続的に取り組んでいるのですが、その報告や相談のために平瀬川さくら祭りのあとに伺ったお宅で立派な鎧兜を見させていただきました!
 

外には大きな鯉のぼり、そしてご自宅の中には立派な鎧兜。初節句ですね〜

 
いやぁ。。。うちも初節句で先日兜を買いに言ったのですが、最近流行りのスペースとらないちっこいタイプのものを買ってしまいました(金銭的理由もあり汗)。正直こんなの用意できませんでした・・・。
 
大変刺激を受けましたので、まだ買っていないこいのぼりは頑張って少し大きめのものを用意したいと思います。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 


インスタグラム