児童養護施設竣工式と川崎市児童相談所における児童虐待相談件数

Print Friendly, PDF & Email

児童養護施設竣工式と川崎市児童相談所における児童虐待相談件数

宮前区馬絹に新設された児童養護施設である川崎愛児園のお披露目会に文教委員会委員として参加させていただきました。豊富な経験とノウハウを持つ歴史ある法人が運営されています。すでに子供たちの入所は始まっています。

非常に素晴らしい施設ができたのですが、入所している子どもたちは虐待を受けていると判断され、公的支援により養護を受けている状態です。施設運営は勿論ですが、施設自体がフル稼働で不足するといった街にはなって欲しくないものですし、行政・議会・市民のそれぞれが問題意識をもって行動していくことが大切です。

施設の様子は以下から。

川崎市児童相談所における児童虐待相談件数は、残念ながら年々増えており平成26年度で1,792件。その内訳は、身体的:439、ネグレクト:394、性的:20、心理的:939となっています。増加傾向を見たときに特徴的なのは、ネグレクトと心理的虐待の件数が特に増えていることです。被害者をみても見た目では中々わからない虐待相談・通報件数が増えています。
 竣工式の後は、防衛協会総会・懇談会に出席いたしました。写真は、同期の末永直(中原区選出)市議会議員です。

菅生剣友会。時間の都合で稽古できませんでした。残念です。

防衛協会総会・懇談会にて


ABOUTこの記事をかいた人

宮前区選出、川崎市議会議員(自由民主党) A型/乙女座/丑年 菅生小・中学校→法政二高→法政大学卒業 2008年4月伊藤忠テクノソリューションズ入社 2014年7月に政治活動に専念する為、同企業を退社 2015年第18回統一地方選挙において初当選。現在二期目。 趣味:剣道四段、空手二段、書道(毛筆三段、硬筆二段)

インスタグラム