平成30年菅生神社例大祭①〜初の奉納素人芝居に役者として出演〜

Print Friendly, PDF & Email

平成30年菅生神社例大祭①〜初の奉納素人芝居に役者として出演〜


みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
今年もやってまいりました。我が地元・平成30年菅生神社例大祭。
例年であれば、初日のお昼から始まる奉納演芸大会の司会を仰せつかっていたのですが、今年は司会を最高の初友会会長にバトンタッチ!
 
平成最後の例大祭。初の奉納素人芝居「国定忠治」の役者を演じさせていただきました。9月初旬から例大祭奉納芝居に向けた稽古を積み重ねてきての本番。
悪の本丸・山形屋の子分の一人を演じたわけですが、緊張以上に「楽しい」という感覚が完全に上回っていました!
一緒に練習を重ねてきたメンバーにも恵まれ、本番は勿論、毎回の練習で細かいところまでサポートしてくれた同志会の皆さまのサポートがあって最後までやりきることが出来ました。
 
本当に素晴らしい経験をさせていただきました。
 

 
また、例年であれば例大祭初日の夜は「初山獅子舞」の宵宮で笛や歌をやっていたのですが、今年は芝居があり出ることが出来ませんでした。
ご理解いただいた初山獅子舞の皆さまにも感謝です。
 

 
日曜日は終日御神輿。身体がどこまで持つかわかりませんが、最後まで担ぎ抜けられるよう頑張りたいと思います。
 
本日も最後まで読んでいただき、有難うございました。
 


インスタグラム