議会閉会期間の議員活動をいつもと違った角度で紹介します

Print Friendly, PDF & Email

議会閉会期間の議員活動をいつもと違った角度で紹介します


 
みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
議会閉会期間中のこの時期は、一年間の中でも最も時間が取れる時期です。次回第2回定例会は6月からのスタートとなりますので、そういったこともあって、他自治体などへの視察を頻繁に行う議員もいれば、まとまった時間を使っての研修や勉強会、地域挨拶まわり、陳情対応、市政報告会や後援会活動など、他には旅行などの家族サービスをこの時期に入れる議員など様々です。
 
(以前のブログでもご紹介しましたが、各常任委員会は議会閉会期間中にも毎週開催されます)
 
一方、年度末処理に追われる時期でもあります。平成29年度分の政務活動費などをまとめる作業もこの時期になります。血税を用いて、政務活動をさせていただいておりますので、川崎市議会では必要分については1円単位で領収書が義務付けられているだけでなく、使途が明確にわかるように別添資料もそれぞれ必要です。
 
民間企業勤めだった私からしみても、現在の川崎市議会は相当細かくしっかりチェックを受けています。資料をまとめるのも結構大変で、こまめに整理して提出をしていれば多少は楽になるのですが、最終提出のためにはやはり相当な気合いを入れて取り組む必要があります。
 
本日は議員の裏方部分をご紹介しました。その他、年に一度の資産公開なども準備しなくてなりません。国会の場合は秘書さんがやるのかもしれませんが、地方議員には秘書はいません。議員には市民から見えない事務作業も非常に多いわけですが、透明で公正な議会であるために、どれも欠かせない大切なものだと思っています。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 


ABOUTこの記事をかいた人

宮前区選出、川崎市議会議員(自由民主党) A型/乙女座/丑年 菅生小・中学校→法政二高→法政大学卒業 2008年4月伊藤忠テクノソリューションズ入社 2014年7月に政治活動に専念する為、同企業を退社 2015年第18回統一地方選挙において初当選。現在二期目。 趣味:剣道四段、空手二段、書道(毛筆三段、硬筆二段)

インスタグラム