【タウンニュース】市政報告Vol.36を掲載!!〜区内交差点の安全対策(犬蔵及び潮見台浄水場前)について〜

Print Friendly, PDF & Email

みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。

 

8月6日(金)タウンニュースにおいて、市政報告Vol.36「区内交差点の安全対策(犬蔵及び潮見台浄水場前)について」を掲載させて頂きました。
5月31日〜6月23日にかけて令和3年第2回定例会が開催されていた中で、取り上げました内容の一つとなります。

 

以前の向丘出張所に関する記事においてもご紹介させて頂きましたが、先般の議会では以下のようなテーマを取り上げました。
自民党代表質問では積極的に全市的な取り組みを取り上げながらも、一般質問では地元に密着した課題を追いかけています。

 

以下、取り上げた3つのテーマは、それぞれホームページ内で記事にしております。
タウンニュースで取り上げている内容も、紙面の関係でだいぶまとめてしまっていますので、より詳しい内容が知りたいかたは、リンクから移動できるようにしておきましたので、ご参照ください。

 

① 区内交差点の安全対策(犬蔵及び潮見台浄水場前)について
⇨ 3年前に議会で初めて取り上げて以降、継続して取り上げてきた「犬蔵交差点の歩車分離式信号機の導入」及び「潮見台浄水場バス停前への押しボタン式信号機の導入」についてです。今回の答弁で、犬蔵交差点・潮見台浄水場バス停前との取り組みともに大きな進展がありました。
 

 

② 川崎市中央卸売市場北部市場の機能更新について
⇨ 老朽化が進む北部市場の再編整備に向けた検討や課題について議論を致しました。約17万平米にもおよぶ広大な敷地を舞台に今年度どのような手法や内容で、市場自体の再編整備を行うかの基本計画が策定されます。川崎市議会議員の中で唯一取り上げているテーマです。

 

③ 向丘出張所の機能強化について
⇨ 2019年3月に公表された「鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能に関する基本方針」において、現・宮前市民館図書館が鷺沼駅に移転をすることが方針が示されました。この基本方針の中では、地域バランスに配慮し向丘出張所の機能強化に向けた検討が一つの柱となっています。出張所の機能強化に関する地域からの想いを届けました。

 

※記事をクリックするとPDFファイルをご覧頂けます。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 


ABOUTこの記事をかいた人

宮前区選出、川崎市議会議員(自由民主党) A型/乙女座/丑年 菅生小・中学校→法政二高→法政大学卒業 2008年4月伊藤忠テクノソリューションズ入社 2014年7月に政治活動に専念する為、同企業を退社 2015年第18回統一地方選挙において初当選。現在二期目。 趣味:剣道四段、空手二段、書道(毛筆三段、硬筆二段)

インスタグラム