平成30年矢沢たかお後援会活動報告会〜ご参加頂きありがとうございました!!〜

平成30年矢沢たかお活動報告会〜ご参加頂きありがとうございました!!〜

 
みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
4月29日(日)昭和の日、ゴールデンウィーク前半となったこの日はおめでたいこともあり、本当に素晴らしい日となりました。
 
先ず、元県議会議員(宮前区選出初代県議会議員)、JAセレサ川崎初代理事長でもある「小泉一郎」先生の米寿を祝う会がホテルKSPで盛大に行われたことです。
 
88歳となられた先生、いまだに様々な会合に顔出していただいております。温かく優しいお人柄を持つ先生の人柄もあり、250名を超える地域の方々が出席。盛大に会が催されました。
 
これからも健康第一に、益々ご活躍されることを心からお祈り申し上げます。
 

感謝の気持ちを述べられる小泉先生

 
引き続き、夕方から夜にかけては後援会の活動報告会がJAセレサ川崎向丘支店で開催されました。いわゆる役員を中心とした「総会」的な位置付けで元々は始まった活動報告会です。平成29年度の活動報告、平成30年度予定の後援会事業を報告した後、当方から来年施行される「第19回統一地方選挙」に向けた決意表明をさせていただきました。
 
その後は、当方からの平成29年度活動報告と題して、以下の内容で報告をさせて頂きました。
 
 冒頭:新・洪水ハザードマップについて
 ①川崎市の財政状況(平成30年度予算の概要と交付税不交付団体による影響)
 ②都市計画道路横浜生田線(水沢工区)について
 ③市道向ヶ丘48号線橋梁整備事業について
 ④今年度の議会での役割について
 
初当選以来、年に2回の活動報告は崩さず今日まできました。資料づくりは結構大変で徹夜の日もありますが、喜んでくださる方々や市政に興味関心をより深めてくださる方々が続出していることがやりがいに繋がっています。
 
それにしても、今年は予想していた人数を大幅に上回り、150名程の方が参加してくださったことで懇親会の席や料理が不足する事態となってしまいました。大変嬉しいことですが、不満に感じられた方がいらっしゃるかもしれません。大変申し訳ありませんでした。
 
今回のことはしっかり教訓にさせて頂きます。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。