市議会第2回定例会に向けた準備がスタート!!

市議会第2回定例会に向けた準備がスタート!!


みなさん、こんばんは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
私は剣道ばかりで全然知識がありませんが、それでもアメリカンフットボールに関しては物凄く良いイメージを持っていたスポーツのひとつでした。
 
選手はいく通りものプレーを脳と体で覚え、チームプレイを極限まで高めていく。本当にクレバーで高い身体能力と強靭な精神力が必要なスポーツだと思っていた(現在もそう思っていますが)アメフトが、あのような暴力的なプレーでここまで話題になってしまっていることは非常に残念で仕方ありません。
 
本来守っていく対象である学生(選手)を記者会見の矢面に単独で立たせている状況は以上だと感じます。一つの自治体レベルの予算と学生数を誇る日本を代表する大学の一つとして、誠意ある対応をしていただきたいと願うばかりです。
 
さて、昨日21日は平成30年度第1回宮前区市政研究会ということで、我々宮前区選出議員団と宮前区長をはじめとした区の行政施設管理者等が一同に介した会議が開催されました。
 
年に2度程、こういった機会が毎年設定されています。昨年は、区議団幹事として取りまとめ等をさせていただきましたが今年は一議員として出席。
 
区の行政機関それぞれからのご説明を受けて、現状の課題点や今後の取り組みなどの議論をさせて頂きました。中身の濃い2時間の会議を終えた後は、懇親会が開かれ、胸襟を開きながら良い意見交換をすることができました。
 
本日22日からは、いよいよ来月頭からスタートする平成30年川崎市議会第2回定例会の準備がはじまりました。自民党団会議にて、代表質問の準備等々がスタート。
 

自民党控え室自席にて

 
土日以外、暫くは朝から夜まで市役所での仕事が中心になります。4月〜5月で多くの地域の陳情をいただきました。市役所での仕事の時間というのは、こういった地域課題について行政と調整する時間でもあります。1秒1秒を大切に引き締めて臨んでいきたいと思います。
 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。