政務活動費

矢沢たかおの政務活動費

 

 市民からの信任を受け、市議会議員として活動している以上、「お金」の部分に対する考え方は明確にしておかなくてなりません。

 

川崎市議会議員は現在、市から支給される給与の他に「政務活動費」として、毎月45万円をお預かりし活用させていただいています。これら全額が皆様からの血税です。

 

政務活動費は、議員の調査研究その他の活動に資するため必要な経費の一部として、条例により交付されているものです。政治屋ではなく、地域に根ざした政治家である以上、政務活動費を適正な目的で使用し、金額や内容はすべて明確にし、全面公開するというのは当たり前と考えています。
この民間企業では当たり前の感覚が、政治の場では当たり前ではなく、地方議員「第2の財布」と言わんばかりの「政務活動費の不正受給」が相次いで発生してきた事態は、非常に残念であり、憤りを隠せません。

 

一方で、政治活動を一生懸命行っていく上ではどうしても費用がかかるのも事実です。他都市の先進的な取組を視察することも、道路渋滞を改善したいと考え実施する交通量調査にも、市政報告会の実施や、議員活動・議会での取組を広報などにも費用がかかります。

 

大切なことは、「透明性をもち、正しく使用し、市議会の充実に繋げ、市民に還元する」ことだと考えます。

 

川崎市議会では現在、政務活動費の支出については1円単位で、領収書等の添付、使途内容や目的等の書類添付が義務付けられています。1つの支出に対して、3枚〜4枚程度の書類添付を行っています(年間でキングファイル一冊分)

 

これらは、市役所でも閲覧することができますが、南北に細長い川崎市。議員の政務活動費を見るだけで、川崎区にある市役所に行くのは非常に大変です。矢沢たかお事務所では、過去の政務活動費を常時公開・閲覧することもできるようにしています。内容を見てみたいという方は是非事務所までご連絡ください。

 

これからも川崎市議会を中心に、政務調査費の透明化を日本全国の議会に浸透させ、信頼回復に向け進めて参りたい所存です。

 

川崎市の繁栄と未来の為、皆様の更なるご理解ご協力をよろしくお願い致します。

 

2018年 矢沢たかお