陳情対応で建設力政局と

陳情対応で建設力政局と

本日は終日、川崎市役所の議員控室で事務処理と陳情対応を行っておりました。

 

陳情対応では同じく宮前区から選出されている持田文男県議会議員、高津区から選出されている青木のりお市議会議員と共に建設力政局側と打合せを実施しておりました。ちょうど区境の案件であり、尚且つ、地域の有力者が多数関わる案件ということもあり持田県議にもはいっていただき、慎重に進めている案件です。

案件の大小に関わらず、丁寧で可能な限り迅速に仕事を行うことを常に心掛けていますが、他区の議員とのつながり、先輩議員とのつながりや協力関係、やはり我々も一人の議員では出来ることが限られています。仕事のほとんどは決して一人で出来るものではなく、周りの方々、仲間や先輩に支えられ解決に向かって進めることができます。

民間企業出が少ないからでしょうか?どこか議員というのは、地域から受けた陳情などを”自分だけで解決したい”という気持ちが強い傾向にあるように感じます。

これからも、私は自身のモットーである「謙虚に 丁寧に 前向きに」の姿勢を崩さず、何が市民のために一番良いのかを真摯に考え行動していきたいと思います。

建設力政局との打合せの様子