宮前区秋季ゲートボール大会/宮台氏祝賀会/大志会役員会

宮前区秋季ゲートボール大会/宮台氏祝賀会/大志会役員会

日曜日は、朝から宮前区秋季ゲートボール大会に参加。緊張の始球式では、無事に一発で第1ゲートを突破しました。この一年間でゲートボールの腕前は少しは上がったのではないかと感じます笑
その後、事務所で事務処理を行い、午後からはKSPで開催された宮台泰洋氏瑞寶雙光章受賞を祝う会に出席致しました。高津区野川在住の宮台氏は、平成元年から保護司を委嘱され、今日に至るまで地域の絶対的な信頼のもと、活躍されてきた中での受賞となりました。

そういった席にお招きをいただいたことに感謝を申し上げると共に、宮台さんのこれまでの活動に改めて尊敬の念を表するところであります。

 夜からは、地元18区選出の衆議院議員である山際だいしろう氏の支援組織である「大志会」役員会に出席。山際先生からの国政報告や、これからの大志会の活動についての協議がなされました。
衆議院議員の任期は4年ですが、この任期を全うすることはまずありません。2年を過ぎると、いつ解散総選挙になるかわからない、常在戦場にあるというのが衆議院議員です。

市議会議員として常に市民の皆様から身近な課題や相談をいただき、対応している私にとっては、自民党がどうとか国会議員がどうとか言う前に、市民の身近な課題の解決の為には、「国・県・市」が密に連携できる環境が本当に重要だとよく感じています。
課題解決の力をフル活用できるのが自民党の議員だと思いますし、まさに”実行力”が最大与党の強みです。

地域の皆様から与えられたこの役割に恥じない活動をするよう、これからも努めてまいります。