子どもを産み、育てることを安心できるまちづくりに向けて

子どもを産み、育てることを安心できるまちづくりに向けて



みなさん、こんにちは。川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。
 
タウンニュースで市政報告の記事を掲載いただきました。
サブタイトルをつけるなら「子育て目線で見る新年度予算案」です。
 
勿論、子育て施策は現在の福田市長が掲げる中でまさに一丁目一番地なわけですので、施策は多く展開されています。
そのなかであえて2つのトピックを挙げるならと思い、「県費負担教職員の市費移管」と「待機児童施策」だと私は思いました。
 
「県費負担教職員の市費移管」は、学校教育に直結するものです。
「待機児童施策」は、読んで字のごとく、本市の待機児童施策がどんな状況なのか。

をそれぞれ限られた行で表現しました。
 
是非ご覧いただければと存じます。以下、クリックするとご覧いただけます。