団会議(代表質問準備)/防犯に関する福祉施設合同講習会

団会議(代表質問準備)/防犯に関する福祉施設合同講習会

今回の定例会で提出されている議案に関して、一度に説明をすることは時間的にもこのブログで扱うボリュームといった意味でも中々難しいのですが、一体どんな議案が提出されていて、どういった議論を 議場では行っているのか知っていただくという意味でできる範囲でご紹介をしていけるよう努力してまいります。

今日のこの写真は、団会議中の様子です。団会議で各委員会、各議員が担当となっている議案や質問に対して集約し、一つ一つ共有をしていきます。その中で指摘をし合い、ブラッシュアップを行っていきます。
 
 夜からは、川崎市産業振興会館で行われた「防犯に関する福祉施設合同講習会」に参加。
相模原市の障害者施設で起きた残虐な事件から早1ヶ月。川崎市には、民間が運営しているものも含め、2200を超える福祉施設が存在しており、その一つ一つが川崎市の中で福祉を必要としている方々にとって無くてはならないものになっています。
そういった施設向けに市主催の「防犯に関する講習会」が行なわれました。
施設事業者側にとっても非常に関心が高いテーマであり、比較的多くの皆様が講習会に来ていた印象があります。

防犯においては、施設が地域の中で孤立することのないよう、地域と一体になって顔の見える関係を構築することが、ハード面の施策充実と並び、尽力していかなくてはならない防犯対策であると改めて感じました。