健康福祉委員会/定例会準備/宮前区区民会議

健康福祉委員会/定例会準備/宮前区区民会議

本日開会された健康福祉委員会では、来週から始まる第1回定例会で提出予定の健康福祉委員会関連議案の説明がありました。また、「地域包括ケアシステムの推進について」「井田病院患者送迎シャトルバス運行終了について」「川崎区日進町簡易宿泊所火災原因調査結果について」それぞれ報告がありました。

特に「川崎区日進町簡易宿泊所火災原因調査結果について」では、昨年4月に発生した簡易宿泊所大規模火災が”放火である”という調査結果は、様々な検証をもって証明されていました。報道陣も多数傍聴に入っており、委員会でのその発表や質疑に注目していました。

委員会終了後は、来週からはじまる第1回定例会代表質問の準備を進め、夕方からは宮前区に移動。宮前区役所で行われた区民会議に参与として参加致しました。区民会議委員は1期2年。昨年から出席し始めた私はまだ1年しか見てきていないのですが、先日参加させていただいた川崎市内7区合同の区民会議交流会の場では、宮前区区民会議の取組が他の区の中でも非常に参考になるテーブルも沢山見られたことは今回の宮前区区民会議の委員の方々がそれぞれの活動の中で、非常に素晴らしい成果を出されたのだなと感じた一方、区民会議のあり方についてその課題やこれからの形についても多数意見が出ていたかと思います。特に「任期で出来ること、2年」「若い委員の参加」「自治会とのつながり」「そして我々参与の位置付けや関わり方」がどのテーブルでも出ていたことなのかなと感じました。

第5期区民会議での成果や課題が第6期区民会議にどう繋がって行くのか、注目していきたいと思います。